深津 拓寛

登録

第一東京弁護士会、カリフォルニア州

学歴

東京大学理学部生物化学科
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程
ジョージ・ワシントン大学ロースクール

経歴

2001年4月 株式会社シーエーシー 入社
2008年9月 弁護士登録(第一東京弁護士会)
2008年12月 西村あさひ法律事務所 入所
2014年5月 特許庁総務部総務課制度審議室 出向
2017年8月 ウェスタマン、服部、ダニエルズ&エイドリアン法律事務所(ワシントン) 研修
2018年5月 米国パテントエージェント試験合格(未登録)
2018年6月 カリフォルニア州弁護士登録
2019年5月 杉村萬国特許法律事務所 入所

主な業務分野

知的財産法務、IT法務、企業法務全般

言語

日本語
英語

主な論文、セミナー等

2010年「解説 改正著作権法」弘文堂(共著)
2011年「クラウド時代の法律実務」商事法務(共著)
2012年「法律面から見た医療クラウド」インナービジョン(共著)
2012年「持続可能な社会を支える弁護士と信託」弘文堂(共著)
2012年「連載: クラウド・コンピューティング関連法の実務的諸問題[第 1~6 回]」商事法務(共著)
2013年「知的財産法概説<第 5 版>」弘文堂(共著)
2014年「特許法等の一部を改正する法律(平成 26 年法律第 36 号)国際調和を図りつつ、中小企業・小規模事業者にとっても一層使いやすい知的財産制度を構築」雅粒社
2014年「平成 26 年度の放送法改正を想定した法的論点検討に係る法的観点からの調査報告書」(共著)
2015年「特許法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政省令の改正の概要」商事法務(共著)
2015年「新しいファイナンス手法【第 2 版】」金融財政事情研究会(共著)
2015年「平成 27 年職務発明改正対応の実務上の留意点」商事法務(共著)
2016年「職務発明ガイドライン(案)の解説[(1) (2) (3・完)]」商事法務
2016年「実務解説 職務発明 – 平成 27 年特許法改正対応」商事法務(共著)
2016年「次世代受信料制度の検討に関する調査・研究委託に係る法的観点からの調査報告書(平成28 年)」(共著)
2016年”Corporate Counselor No.21 Employee Invention Rights Pivot (英)”(共著)
2016年”Inventing on the job; who holds the rights? “ Globe Business Publishing Ltd(共著)
2016年”Practical Law Global Guide 2016/17 : IP in business transactions (Japan Chapter)”Thomson Reuters(共著)
2018年「米国トレードシークレット保護法(Defend Trade Secrets Act)の解説」商事法務
2018年”Revisions to Copyright Act and Unfair Competition Prevention Act”Globe Business Publishing Ltd, UK(共著)

【主な論稿(含・共著)】【主な講演】
2012年「クラウドのリスクと法的担保~近時の実態を踏まえ将来を見通しながら、実務的に~」経営調査研究会
2015年「平成27 年特許法等改正(職務発明改正)の解説及び実務への影響」西村あさひ法律事務所リーガルフォーラム
2016年「職務発明制度改正~特許庁の法改正立案担当者によるQ&A実務解説~」経営調査研究会
2018年”Regulating Fin Tech in Asia, Global Contexts, Local Perspectives”九州大学