採用情報

知財業界をご志望の皆さん、あなたのやる気を歴史と伝統のある弊所で、試してみませんか。
弊所の仕事は、技術及び法律両方の知識を必要とする、大変にやりがいのあるものです。
以下応募資格を満たす、やる気のある優秀な人材を募集しています。

応募資格 ○弁理士
【分野】特許(電気/ソフトウェア/機械/材料/化学/薬学/ライフサイエンス)、意匠、商標
【英語】技術文書を正確に理解できる(目安:TOEIC800~)
【その他】即戦力として活躍できる方、技術力の高い方、英語力の高い方は優遇します。
○弁護士
【分野】
(中途)特許分野での実務経験が有ることが望ましい
(新卒)知的財産法を履修済
【その他】裁判官任官経験、特許庁勤務経験、企業での知財業務経験、特許事務所勤務経験がある方は、その内容に応じて優遇致します。
○特許技術者
【分野】電気/ソフトウェア/機械/材料/化学/薬学/ライフサイエンス
【英語】技術文書を正確に理解できる(目安:TOEIC800~)
【その他】技術力の高い方、英語力の高い方は優遇します。
○特許翻訳者
【英語】ネイティブレベル
【他言語】独仏中韓語ができる方も歓迎します。
【その他】技術に対する学習意欲の高い方を求めています。特許翻訳経験が豊富な方は優遇します。
給与・待遇 ○弁理士・弁護士・特許技術者・特許翻訳者
能力・経験に応じた給与体系をベースにしています。
仕事内容 ○弁理士
特許・実用新案の明細書(国内・海外)の作成
審査・審判・訴訟等に関する対応
国内・海外のクライアントとの連絡
○弁護士
知財法務全般・企業法務全般
(訴訟・紛争業務、知財取引業務、その他鑑定業務等)
○特許技術者・特許翻訳者
上記業務のサポート
勤務場所 〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館36階
勤務時間 9:00~17:30
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)、祝祭日、夏期休暇(5日)、年末年始休暇、有給休暇
福利厚生 社会保険完備、交通費全額支給、企業年金制度、弁理士会研修の費用援助有、保養所施設有、昼食費補助有
応募方法 詳細は以下の申込フォーム、又は、お電話にてお問い合わせ下さい。
*応募の秘密は厳守します
連絡先(TEL):03-3581-2241(採用担当:馬場)

申込フォーム

応募ご希望の方は、必要事項をフォームにご記入のうえご応募ください。


    所員の声

    応募ご希望の皆さまへ、私たちの仲間を紹介します。

    特許弁理士 (男性/2021年入所)

    当事務所では、教育制度が充実しており、OJTだけではなく、グループ内外の様々な先輩所員が教育やサポートをしてくれます。そのため、未経験の方でも、若手弁理士の方でも、安心して業務を行うことができます。私は、実務経験が少なく、入所直後は不安でいっぱいでしたが、先輩所員にサポートして頂き、現在では国内外の案件を幅広く担当しています。また、当事務所では、在宅勤務が認められているため、ワークライフバランスや業務状況、近年の自粛要請等に合わせて柔軟に働くことができます。さらに、上司や事務の方々とのやり取りは、社内チャット、社内電話、当事務所専用の業務管理システムなどを使用しており、ペーパーレス化もなされていますので、在宅勤務による業務効率の低下は殆どありません。霞が関という特別な立地で仕事をすることも、自宅という安心した場所で仕事をすることもできますので、とても働きやすい職場環境であると感じています。

    また、出勤時の昼食では、仕出し弁当を注文できることもありがたいと感じています。毎日、複数種の中から選択できることも魅力的ですが、福利厚生として昼食費補助があることも非常にうれしいです。食事の栄養面で心配することがないため、個人的には非常に重宝しています。

    外国事務担当 (女性/2019年入所)

    入所の年次に関係なく、ひとりひとりが責任のあるプロフェッショナルな仕事ができる点が杉村の魅力だと思います。私は大企業から杉村に転職しましたが、いつでも上司に業務に関する相談や意見ができる風通しの良い環境があることに驚かされました。上司に何か提案をすれば、それが業務の運用に反映されることも少なからずあり、杉村の一員として当事者意識を持って業務に取り組むことができる点に日々やりがいを感じています。また、ペーパーレス化やシステム化など、業務の効率化が推し進められているので過度な残業が発生せず、仕事以外の時間も充実させることができる点にも非常に満足しています。

    意匠商標事務担当 (男性/2007年入所)

    入所時は知的財産について全くの白紙からのスタートでしたが、上司や先輩所員のご指導のおかげで、現在は同僚所員と切磋琢磨しながら仕事ができるようになりました。

    外国案件は各国により制度・法令が様々なので、国や手続によっては初めて行うこともあり、リサーチ等も行わなければなりません。また、海外の代理人とのやりとり、文書の作成に外国語を使用することも多いです。毎日様々なことと出会いながら業務を行っており、大変な面もありますが、その分やりがいを感じています。

    国内事務担当 (女性/2010年入所)

    特許業界未経験者で入所したため、特許に関して何も知識がありませんでしたが、先輩方や方式専門の弁理士からしっかりと指導して頂き、専門用語や特許法の制度、クライアントのルールを理解することができました。今でも気になることがあれば方式専門の弁理士にすぐに質問でき、解決できる体制なので安心して業務に集中できます。

    また、私は過去2回育児休暇を取得しました。弊所には男女ともに子育てをしている所員が多く在籍し、そういった所員に対してとても理解がある職場です。子供を持つ所員同士、情報交換もできますし、安心して長く働ける職場だと思います。

    特許弁理士 (男性/2011年入所)

    特許出願、中間処理等の権利化段階を中心としながら、発明が具体化していない段階、権利化後の段階も含む幅広い業務に携われること、スタートアップ企業から大企業まで幅広いお客様と仕事ができることが杉村の特徴と思います。

    杉村はシリコンバレーに拠点を有していることも大きな特徴です。外国での権利取得に関して業界を大きくリードしている中、現在の私の業務も米国のプロセキューションが中心です。幅広い業務で力を発揮したい方、グローバルに専門性を発揮したい方には理想的な環境だと思います。日々、専門性を磨き続けるのは正直大変ですが、それと同時に弁理士としての成長とやりがいが実感できます。職場の仲間にも恵まれていて、良い環境の中で気持ちよく仕事に打ち込めています。

    弁護士 (女性/2021年入所)

    2021年4月に入所し、弁護士として勤務しています。まだ一年目ですが、様々な分野の案件を他の先生方と一緒に担当しています。例えば、契約書のレビューといった一般的な企業法務ももちろんですが、商標権侵害の警告書の作成や、知財調停といった、当事務所ならではの案件も担当しています。

    当事務所の良い所は、ほとんどの案件をチームで担当するため、自分の起案などを先輩弁護士に指導してもらえるところです。また、特許事務所と一体となっているので、弁理士の先生方と一緒に事件を担当することができるのも大きな特徴です。知的財産法のそれぞれの分野に精通した先生方の議論を間近で聞き、分からないことがあればすぐに質問することができる環境があります。

    知的財産と一言に言っても、その内容は多岐に渡るため、案件ごとに学びの多い毎日です。新たに学ぶ法律も多いですが、法律に限らず、世の中の様々な出来事に興味を持つようにしています。

    弁護士(日本・カリフォルニア州) (男性/2019年入所)

    私が大手法律事務所から移籍し、杉村萬国に3人目の弁護士として加わって2年が経ちました。入所以来、確立された基盤を持つ権利化部門と連動して法務部門を立ち上げ、成長させていくという心躍るプロジェクトに取り組んでいるところです。その後、法務部門も少しずつ陣容を増し、現在はベテランから若手まで6名の弁護士が所属しています。杉村萬国は弁理士と弁護士が共同代表を務めていることに組織上の特徴がありますが、業務においては弁理士と弁護士で高いレベルで協働して、お客様に良い仕事を提供していくことを私は常に心掛けています。杉村萬国はこのことが実現できている数少ない事務所の一つです。個人的には、つい最近、中国帰りの同僚から刺激を受けて、20数年ぶりに中国語の勉強を始めました。中国関連の業務を延ばしていくことに役立てることはもちろんですが、中華圏の方々との交流を深め、文学作品や映画なども現地語で楽しめるようにもなりたいですね。